トップ > 暮らしの情報 > 税金 > 所得税の確定申告が必要な方

所得税の確定申告が必要な方とは?

【申告にはマイナンバーが必要です】
 平成28年分以降の所得税・復興所得税・贈与税提出時には、その都度、マイナンバー(12桁)の記載と本人確認書類提示又は写しの添付が必要です。

本人確認(番号確認・身元確認)を行うときに使用する書類の例

例1 個人番号カード(番号確認と身元確認)
例2 通知カード(番号確認)+運転免許証、健康保険の被保険者証など(身元確認)
※控除対象配偶者や扶養親族の分の確認書類提示又は写しの添付は不要です。


【税理士による 無料申告相談】
〜申告書を作成して提出できます〜

日時:平成31年2月8日(金) 【午前の部】10時〜12時 【午後の部】1時〜4時
場所:富士川町役場本庁舎 南別館1階 富士川町天神中條1134
○ 小規模納税者の所得税及び復興特別所得税・消費税及び地方消費税、年金受給者並びに給与所得者の所得税及び復興特別所得税の申告書を作成して提出できます(土地、建物及び株式などの譲渡所得がある場合を除く。)。申告書等の提出のみの場合は、直接、税務署に提出(郵送可)してください。

○ 確定申告に必要な書類、計算器具、筆記具、印鑑及びマイナンバーに係る本人確認書類(マイナンバーカードまたは番号確認書類及び身元確認書類)の写し等をご持参ください。

【平成30年分の確定申告が始まります。】
平成31年2月18日(月)から3月15日(金) ※土、日及び祝日を除きます。

平成31年1月1日現在、町内に住んでいる方で、

 ●税務署から確定申告の通知が送付された方
 ●平成30年中に土地・建物の譲渡や交換をされた方(土地収用事業を含む)

【給与所得者の場合】
 ●平成30年中の給与収入金額が2,000万円を越える方
 ●給与所得や退職所得以外の所得の合計が20万円を超える方
 ●給与の支払いを2ヶ所以上から受けている方
 ●年末調整をされなかった方

【事業所得、不動産所得者などの場合】
 ●1年間の合計所得金額が所得控除額の合計を超える方

【その他、確定申告により所得税が還付となる場合】
 ●マイホームをローンなどで取得した場合
 ●10万円を越す医療費を支払った場合
 ●災害などで損害を受けた場合
 ●年の途中で退職し、再就職していない方
 ●生命保険の満期保険金等を受け取った場合

【年金所得者は、確定申告書の提出が不要となりました。】
 公的年金等の収入金額が400万円以下であり、かつ公的年金等にかかる雑所得以外の所得金額が20万円以下である場合には、確定申告書の提出は不要となりました。(※町県民税の申告は、従来どおり必要です。)
 なお、この場合でも所得税の還付を受ける方は、還付申告書の提出が必要です。

【作成済の申告書等の提出は、税務署へ郵送することでも行うことができます。】
○申告書等は、国税庁ホームページ(www.nta.go.jp)の「確定申告書等作成コーナー」で作成するか、提出用・控用ともに黒ボールペン等(鉛筆・消せるボールペンは不可)で記載してください。
○申告書等の控えに受付印が必要な方は、切手を貼付した返信用封筒(郵便番号・住所・氏名を記載してください。)を同封してください。後日返送いたします。

所得税の確定申告書の送付先
〒400-0693 南巨摩郡富士川町鰍沢1502-1 
         鰍沢税務署
電話番号 0556-22-3191(自動音声でご案内します。)

■お問い合わせ
 富士川町役場 税務課 住民税担当
 富士川町天神中條1134
 TEL 0556-22-7205

このページの先頭へ