トップ > 暮らしの情報 > 税金 > 軽自動車税

軽自動車税

 軽自動車税は、その年の4月1日に登録がある原動機付自転車、小型特殊自動車、軽自動車及び二輪の小型自動車について、主たる定置場所のある市町村で、その所有者または使用者に課税される税金です。
※ 4月2日以降に廃車等の手続きを行っても、当該年度分の軽自動車税は、4月1日時点での所有者または使用者に課税されます。

○軽自動車税を納める人(納税義務者)

 4月1日に富士川町を主たる定置場とした軽自動車を所有(使用)している人

○税額

 地方税の一部改正に伴い、軽自動車税の税額が変更となります。車両の種類や新車新規登録によって、税額が異なりますのでご注意ください。
平成28 年度分から次のとおりとなります。

【原動機付自転車および二輪車などの税額】

【三輪および四輪以上の軽自動車の税額】
◆ 平成27 年3 月31 日以前に新車新規登録済みの車(自動車検査証の「初度検査年月」が平成27 年3 月以前のもの)は、現在の税額である、下表の@を適用します。
◆ 平成27 年4 月1 日以降に新車新規登録をした車(自動車検査証の「初度検査年月」が平成27 年4 月以降のもの)には、新税額である、下表のAを適用します。
◆ 平成28 年度以降、毎年4 月1 日現在で新車新規登録の初度検査年月から13 年を経過した車両はBを適用します。
なお、平成29 年度にBの税額の適用となるものは新車新規登録が平成16 年3 月までの車です。

※新車新規登録年月は、自動車検査証の「初度検査年月」で確認できます。


○平成29 年4 月2 日以降に新車新規登録する場合
 平成29 年度の軽自動車税は課税されません。(毎年4 月1 日現在の所有者に課税されます)
 平成30 年度の軽自動車税から上記の表のAの税額で課税されます。

【グリーン化特例(平成29 年度のみ適用)】
 平成28 年4 月1 日から平成29 年3 月31 日までに新車新規登録した三輪および四輪以上の軽自動車で、排出ガス性能および燃費性能の優れた環境負荷の小さいものについては、平成29 年度分の軽自動車税の税額を軽減する特例措置が適用されます。

(ア)電気自動車・天然ガス自動車(平成21 年排出ガス10 %低減)

(イ)平成17 年排出ガス基準75 %低減達成(★★★★)のうち

   乗用のもの :平成32 年度燃費基準+ 20 %達成
  〈揮発油(ガソリン)を内燃機関の燃料とする軽自動車に限る〉

   貨物用のもの:平成27 年度燃費基準+ 35 %達成
  〈揮発油(ガソリン)を内燃機関の燃料とする軽自動車に限る〉

(ウ)平成17 年排出ガス基準75 %低減達成(★★★★)のうち

   乗用のもの :平成32 年度燃費基準達成
  〈揮発油(ガソリン)を内燃機関の燃料とする軽自動車で(イ)を除いたもの〉

   貨物用のもの:平成27 年度燃料基準+ 15 %達成
  〈揮発油(ガソリン)を内燃機関の燃料とする軽自動車で(イ)を除いたもの〉


※ 所有者の方の氏名、住所、定置場等に変更がありましたら、速やかに手続きをしてください。

税務書式ダウンロード

このページの先頭へ