トップ > 暮らしの情報 > 健康 > 新型コロナウイルス感染症に関する総合情報

新型コロナウイルス感染症に関する総合情報

【新たに実施する支援対策(10月28日町議会臨時会可決分)】

【すでに実施中の支援対策など】

富士川町元気応援券事業について

 新型コロナウイルス感染症が町内消費に与える影響を緩和することを目的として、本町が全町民および特定世帯を対象に応援券を配布します。
 応援券は、登録された事業所において使用することができます。
 
 応援券についての詳細は⇒コチラ

子育て世帯特別臨時給付金について

 新型コロナウイルス感染症の影響を受けている子育て世帯への生活を支援する取組の一つとして、児童手当受給者の方に支給します。

 詳細は⇒コチラ
 

ひとり親世帯臨時特別給付金について

「ひとり親世帯臨時特別給付金」は新型コロナウイルス感染症の影響を受けているひとり親世帯の生活を支援するため、児童扶養手当を受給しているひとり親世帯や、家計が急変し収入が減少している世帯を対象に、臨時特別給付金を支給するものです。
 
 詳細は⇒コチラ

小中学生の保護者の皆さんへ

・小学校等の臨時休業等に伴い子どもの世話を行うために仕事を休むとき
【委託を受けて個人で仕事をする方向け】
 小学校等の臨時休業等に伴い、その小学校等に通う子どもの世話が必要な「委託を受けて個人で仕事をする方(保護者)」に対し、就業できなかった日について支援があります。
 詳細は⇒コチラ

【労働者を雇用する事業主の方向け】
 小学校等の臨時休業等に伴い、その小学校等に通う子どもの世話が必要な「労働者(保護者)」(正規雇用・非正規雇用を問いません)に対し、有給(賃金全額支給)の休暇を取得させた事業主(労働基準法上の年次有給休暇を除く)に対し助成されます。
 詳細は⇒コチラ

 

新型コロナウイルスに関する健康・福祉情報

外出自粛時の生活のポイント

新型コロナウイルスについて

布マスクの作り方(作成動画・型紙あり)

 

新型コロナウイルスへの感染等により仕事を休むとき

【傷病手当金】
 健康保険等の被保険者が、病気やケガの療養のために仕事を休んだ場合、休業4日目以降の所得保障が行われます。
※支給要件の詳細 や 具体的な 手続き については、 ご加入の健康保険の保険者にご確認ください 。
 国民健康保険の加入者については⇒コチラ
 後期高齢者医療保険の加入者については⇒コチラ

【休業手当】
 会社に責任のある理由で労働者を休業させた場合、会社は、休業期間中に休業手当(平均賃金の6割以上)を支払う必要があります。

【子育て家庭休業助成金】
 子どもが小学校や保育所等に登校・登園しなかったことに伴い、保護者が休業を余儀なくされた方への助成制度があります。
 詳細は⇒コチラ※3月時点
    ⇒コチラ※4〜6月時点

【妊婦休業助成金制度】
 妊娠中の女性労働者が休業した場合に休業に伴う収入減の一部を補填する制度があります。
 ○お問い合わせ:山梨県子育て政策課 電話055-223-1425

【雇用調整助成金】
 経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主に対し、雇用の維持を図るため、休業手当に要した費用を助成します。
 詳細は⇒コチラ※山梨労働局

お金(生活費や事業資金)に困っているとき

・子育て世帯への臨時特別給付金(子育て世帯向け)
 新型コロナウイルス感染症の影響を受けている子育て世帯の生活を支援する取り組みの一つとして、児童手当(本則給付)を受給する世帯に対して、臨時特別の給付金(一時金)が支給されます。

・新型コロナウイルス感染症関連融資保証制度について
 新型コロナウイルス感染症に関連した、中小企業者・小規模事業者・勤労者に向けのセーフティーネット保証制度があります。
 詳細は⇒コチラ

・緊急小口資金・総合支援資金(生活費)
 新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業等により生活資金でお悩みの方に対し、必要な生活費用等の貸付を実施します 。
【相談窓口】 町社会福祉協議会 電話22-8911 
 詳細は⇒コチラ ※山梨県社会福祉協議会

・国民健康保険税の減免について
 新型コロナウイルス感染症の影響により、収入が減少した方などの国民健康保険税を減免します。
 詳細は⇒コチラ
 【相談窓口】町民生活課国保担当 電話22-7209

・後期高齢者医療保険の減免について
 新型コロナウイルス感染症の影響により、収入が減少した方などの後期高齢者医療保険料を減免します。
 詳細は⇒コチラ

・介護保険料の減免について
 新型コロナウイルス感染症の影響により、収入が減少した方などの介護保険料を減免します。
 詳細は⇒コチラ
 【相談窓口】福祉保健課介護保険担当 電話22-7207

・社会保険料等の猶予
 生活に不安を感じておられる方々への緊急 対応策の1つとして、社会保険料のほか、国税や公共料金等の支払・納付猶予等が認められる場合があります 。
【お問い合わせ】
 税 務 課 電話22-7205 ※町県民税・固定資産税他
 町民生活課 電話22-7209 ※国民健康税・後期高齢者医療保険
 福祉保健課 電話22-7207 ※介護保険料

・国民年金保険料の免除について
 新型コロナウイルスの影響により、収入が減少した方の国民年金保険料が、臨時で特例免除される場合があります。
 詳細は⇒コチラ ※日本年金機構

・生活困窮者自立相談支援事業
 様々な課題を抱える生活に困窮する方に対して、一人ひとりの状況に合わせた包括的な支援を実施しております 。
【相談窓口】 福祉保健課福祉担当 電話22-7207

・生活保護
 生活に困窮している方に、最低限度の生活の保障と自立を図ることを目的として、困窮の程度に応じた必要な保護の相談を受け付けしています。
【相談窓口】 福祉保健課福祉担当 電話22-7207

その他(新型コロナウイルスに関する町からのお知らせ)

新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態措置の対応について

新型コロナウイルス感染症に関するごみ処理について

役場窓口における新型コロナウイルス感染予防のご協力のお願い

終了した事業など

特別定額給付金(ひとり10万円給付)について
子育て家庭休業助成金
妊婦休業助成制度



【お問い合わせ】富士川町役場政策秘書課
 広聴広報担当 電話22-7216

このページの先頭へ