トップ > 暮らしの情報 > 環境 > ごみとリサイクル > 可燃ごみのカラス対策について

可燃ごみのカラス対策について

・カラスの特徴
 カラスは雑食性と言われています。たいへん幅広い食性を持ち、動物、植物を問いません。
また貯食習性があるため記憶力と学習能力が高く、餌を隠した場所や、餌となる食べ物が
多くある場所を覚えています。
 3〜4月に巣造りを行い、4〜5月は卵や雛を温める時期、5月〜7月は雛の世話をする時期
になりますので、巣材運びや雛のための餌の確保など、活動がより活発になります。

・カラス対策
1.カラス除けのネットを設置する。
 適切にネットを使用すれば、簡単かつ低コストでカラスによるごみの散乱を最小限に
くい止める有効な方法です。目の大きさは5mm以下の細かいものを使用し、ごみが
はみ出さないようにしっかりと覆いましょう。
 また、カラスの頭が入らないように、ネットの縁に重しを取りつける、石で重しをするなど
の工夫をしましょう。

2.生ごみの排出方法を工夫する。
 カラスの嗅覚はそれほど発達していないため、主に食べ物を目で見て判断している
と言われています。生ごみを可燃ごみの指定袋に入れる際は、外側から見えないよう
新聞紙や広告で隠しましょう。

3.収集日を守って出す。
 カラスに狙われる時間を少なくするため、収集日の前日や収集後にごみを出さないよう
にしましょう。
 また、収集日以外にごみを出すと、臭いなどで近隣住民の迷惑になりますのでご注意ください。

・カラス被害対策チラシ

このページの先頭へ