トップ > 暮らしの情報 > 環境 > 3010運動

食品ロス削減国民運動のロゴマーク

おいしく食べきろう!30・10(さんまるいちまる)運動!

食べ物を捨てるなんてもったいない!

現在日本の食品廃棄物は、年間約2000万トン排出されており、この中には本来食べられるにもかかわらず捨てられているもの、料理の食べのこしなどによって捨てられてしまういわゆる『食品ロス』が、全国で年間600万トンあるといわれています。(農林水産省及び環境省「平成25年度推計」)
また、この『食品ロス』の一部は再利用に充てられているもの、約460万トンは可燃ごみとして焼却・埋立処分をされています。
そこで、富士川町では、『食品ロス削減』を目標に、【30・10(さんまるいちまる)運動】に
取組んでいます。

☆【30・10運動】で掲げる宴会五箇条☆

○其の一 まずは、適量注文

○其の二 幹事さんから「おいしく食べきろう!」の声かけ

○其の三 開始30分、終了10分は、席を立たずにしっかり食べる「食べきりタイム!

○其の四 食べきれない料理は仲間で分け合おう

○其の五 それでも、食べきれなかった料理は、お店の方に確認して持ち帰りましょう

おいしく残さず食べきろう!3010運動!(チラシ)

※宴会幹事さんにご協力のお願い

宴会開始時、終了時に以下の内容でアナウンスすることによって『食品ロス削減』のご協力をお願いします。

・開始時のアナウンス
「本日は料理を余すことなく十分にご賞味いただき、食品ロスの削減をする『3010運動』を実践します。開始30分と終了10分前は自席にて料理を楽しんで下さい」

・終了10分前
「間もなくお開きの時間となります。今一度自席に戻り料理をお楽しみ下さい」

3010運動を実践すると、参加者は料理を最後まで楽しめ、お店の方は出した料理を残さず食べてもらえ、みんなが幸せになります。ぜひ、「もったいない」を心がけ、『食品ロス削減』にご協力ください。

◇お問い合わせ先 町民生活課 生活環境担当 
  TEL 0556-22-7209 / FAX 0556-22-8666


このページの先頭へ