トップ > 町政情報 > 役場からのお知らせ > 友好都市大洗町

大洗町(茨城県東茨城郡)

令和2年2月27日、茨城県の大洗町と友好都市協定を締結しました。
友好都市協定は、観光や産業、文化・教育、スポーツなど幅広い分野で交流を促進することにより、交流人口の増加や文化振興・地域経済の活性化に繋げていくことを目的としています。

そこで、大洗町の魅力をご紹介します。

大洗町のHPはこちら


大洗観光協会のHPはこちら



友好都市協定の詳しい情報はこちらから(リンク)

大洗町の旬(冬編)

大洗町の冬の魅力といえば、茨城を代表する冬の味覚あんこう。なかでも、最も人気のある料理が『あんこう鍋』です。身・皮・肝・エラ・ヒレなどあんこうを余すことなく使い、野菜や割り下の一緒に煮込みます。
味は漁師料理のどぶ汁をベースに味噌仕立てにした濃厚スープのものや醤油仕立てのあっさりとした上品な味わいのものなど、お店により独自の味を楽しむことができます。

大洗町には『あんこう鍋』が食べられる飲食店がたくさんあります。大洗町に行った際には、ぜひ、『あんこう鍋』をご賞味ください。
 

概要

大洗町は、北緯36°18’ 東経140°34’ に位置し、東西2.5km 南北9.0km で細長い形をしています。面積は23.89km2。東京からは約100km です。
茨城県の太平洋岸のほぼ中央にあり、東茨城郡の東端に位置しています。
県都水戸市の中心部(水戸駅)から南東に約12km、東は太平洋に面し、北は那珂川を境にひたちなか市と、西北は涸ひ 沼ぬま川を境に水戸市と、西南は汽水湖である涸沼をはさみ茨城町と、南は鉾田市と接しています。
美しい海岸線はおおらかな湾形をなし、市街地はおおむねこれに沿う低地部に形成され、後方に標高25m 〜35m の丘陵を背負っています。涸沼側に近い低地部には水稲が栽培され、丘は、畑・山林となっています。丘陵は関東ローム層の洪積台地である鹿島台地の北部に位置しています。

◆人  口 約16,000人
◆アクセス 富士川町から約3.5時間

特産品


魚介類(アンコウ)


シラス


サツマイモ

観光名所


サンビーチ


サンビーチ(リフレクションビーチ)


大洗磯前神社

代表的なイベント


大洗海上花火大会(7月)


大洗八朔祭(8月)


大洗あんこう祭(11月)

【友好都市「大洗町」のPR動画を富士川CATVで放映します!】


【お問い合わせ】
 政策秘書課 広聴広報担当
 TEL:0556-22-7216  FAX:0556-22-3177
 Mail seisaku@town.fujikawa.lg.jp

このページの先頭へ