トップ > 町政情報 > 役場からのお知らせ > マイナンバー制度

マイナンバー制度

マイナンバー制度について

 マイナンバーは、日本国内の全ての住民に通知される、一人ひとり異なる12桁番号です。
個人が特定されることがないように、住所地や生年月日などと関係のない番号が割り当てられています。

 マイナンバー制度について、詳しくは以下をご覧ください。

 マイナンバー(社会保障・税番号制度)に関する内閣府ホームページ

マイナンバー制度における情報連携の本格運用等について

 マイナンバーを利用して行政機関の間で情報をやりとりする「情報連携」(※)及びマイナンバー制度の導入に併せて新たに
構築している個人ごとのポータルサイト「マイナポータル」について、本格運用を開始しましたので、おしらせします。

(※)マイナンバー制度における「情報連携」とは、各種手続の際に、住民が行政機関等に提出する書類(住民票の写しや課税証明書等)を省略可能とするため、マイナンバー法に基づき、異なる行政機関等の間で専用のネットワークシステムを用いた個人情報のやりとりを行うことです。(別紙1

マイナンバー制度の情報連携に伴い省略可能な主な書類の例については、「別紙2」をご覧ください。
また、本格運用開始時点において情報連携が可能な事務手続の一覧及び省略可能な書類(平成29年11月13日時点)
等については、「別紙3」をご覧ください。


別紙1PDFファイル    別紙2PDFファイル    別紙3PDFファイル






【問い合わせ先】
 富士川町役場政策秘書課 企画推進担当
 TEL:0556−22−7216

このページの先頭へ