トップ > 防災・防犯ガイド > 防災・防犯 > 災害時の避難所における新型コロナウイルス感染症対策について

災害時の避難所における新型コロナウイルス感染症対策について

 災害時の避難所は、換気が悪く、人が密集し、近距離での会話などが増えるため、新型コロナウイルスによる感染症のリスクが高まります。本町においても、可能な限り避難所の衛生環境の確保に努めてまいりますが、少しでも感染症のリスクを軽減するため、次のことについて準備しておきましょう。

住んでいる場所は、避難の必要があるか確認する

災害の発生が予想される場合には、避難が必要かどうか、
ハザードマップで確認ししてください。
(土砂災害警戒区域や浸水想定区域、避難所等が記載されています。)

親戚や知人の家などへの避難が可能か確認する

町が指定している避難所だけではなく、災害の危険がない親戚や知人の家などへの避難もご検討をお願いします。
避難所が密集・密接の状態になる可能性が非常に高くなります。感染症を防ぐためにも、ぜひご検討をお願いします。

手洗い・咳エチケットなど、基本的な対策を徹底する

避難者は頻繁に手洗いをするとともに、咳エチケットなどの基本的な感染症対策を徹底しましょう。
また、避難をする前には体温を測定し、マスクを着用して避難所へ向かいましょう。

家庭の備蓄状況を確認する

水や食料品等の備蓄品を確認し、災害に備えましょう。
避難の際には、災害用持ち出し袋を持参しましょう。

関連リンク

・富士川町ハザードマップ

このページの先頭へ