トップ > 町長の部屋 > 町長あいさつ > 2018年頭のごあいさつ

2018志村学町長 年頭のごあいさつ

 新年あけましておめでとうございます。
 皆さま方にはご家族お揃いで輝かしい平成30年の新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 平素より町政進展のため、皆さまには深いご理解とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。
 さて、昨年本町では、中部横断自動車道六郷−増穂間が開通し、町道では大椚大久保線の一部が開通いたしました。
 また、出産祝金の支給を開始するとともに、子育て世代包括支援センターを設置し、子育て支援の更なる充実を図り、水道事業におきましては、増穂地区の上水道と鰍沢地区の簡易水道を統合したことにより、安定的な水道水の供給が可能となりました。
 さらに、中部・五開地区への光ファイバーケーブルの敷設が完了したことにより、町内全域へブロードバンドを活用した各種情報発信が可能となるなど、各分野においてさまざまな事業に取り組んで参りました。
 また、10月には、「第6回全国禹王サミットin富士川」を開催するなど、各種イベントに県内外はもとより、国外からも多くの皆さまが来町され、盛大かつ成功裏に終了することができ、賑わいのある一年であったと思っております。
 本町は、リニア中央新幹線の建設に伴う公共施設の移転や子どもたちに安全な給食を提供するための給食センターの建設、国の合同庁舎との合築による町民図書館の建設、役場新庁舎の建設など、大規模な事業を計画しているほか、少子高齢化や人口減少が進行する中で、更なる子育て支援や高齢者対策、定住促進、中山間地域の活性化などの課題が山積しております。
 今後も、子どもや若者が夢と希望を持てる町、お年寄りや住民が安心して暮らせる町を目指し、豊かな自然と歴史と文化に溢れたこの富士川町の未来をさらに飛躍発展させるため、全力で町政に取り組んで参りたいと考えております。
 結びに、今年一年が皆さまにとりまして最良の年となりますようご祈念申し上げ、年頭のごあいさつとさせていただきます。
 

               富士川町長 志 村  学

年頭あいさつ動画

このページの先頭へ