トップ > 施設マップ > 富士川町ますほ文化ホール > 文化ホール町民アーティスト登録制度

文化ホール町民アーティスト登録制度

文化ホール町民アーティスト登録制度について

(趣 旨)
 文化ホールでは、日常的に文化活動を行っている町民に発表、表現する機会を提供し、またその文化活動情報を広く町民に提供することで町内イベントの開催等がより活発になるよう支援することを目的として「町民アーティスト登録制度」を設けます。


(町民アーティストの定義)
 「町民アーティスト」とは、公の支配に属さない個人又は団体で、芸術文化や生活文化の領域において、日常的かつ継続的に創造活動、表現活動又は鑑賞活動を行うことを主たる目的として活動している個人・団体を指します。(プロ、アマチュアは問いません)


(登録の資格)
 文化ホール町民アーティストとして登録することができるのは、次に掲げる要件を満たしている個人・団体とします。ただし、政治活動、宗教活動を行う個人・団体を除きます。

1.富士川町在住、同町出身又は同町を中心として活動を行っている個人、団体。

2.自ら活動の意思を決定し、経理し、年間活動を行っていること。

3.未成年の個人、団体は、満20歳以上の責任者1名以上を設けていること。



(主な登録の利点)
1.文化ホールからの認証を受けると名簿に登録され、文化ホールへの共催事業申請や  リハーサル室の使用特典(※)など創作発表・練習等の活動機会が広がります。

 ※特典…リハーサル室の利用状況が空室であれば、ご利用希望日の1週間前までにお申し込みいただくと、ご利用(有料)できます。(営利活動はできません。)また、利用者本人が文化ホール友の会員の方であれば、時間単位の使用も受付けます。

2.名簿の設置・公開により文化活動に関心をお持ちの町民の皆さんに町民アーティスト情報の提供ができます。(活動情報公開の可否は、各自の判断で決定できます。)

3.出演者等の依頼情報が文化ホールに寄せられた場合は、対応可能な登録者の方に照会いたします。


(登録の手続き)
1.登録申請者による申請書提出(町民アーティスト→文化ホール事務局)

2.申請内容の認証、登録者名簿に記載、公開(文化ホール事務局)
  ※登録以後、経年により活動状況をお尋ねする場合があります。


(提出に必要な書類)
1.文化ホール町民アーティスト登録申請書

2.団体の場合は、構成員名簿、活動内容を示す資料(最近の発表会パンフ・チラシ 等)など

  ●申請書ダウンロード登録申請書
  ●富士川町ますほ文化ホール町民アーティスト登録情報一覧

このページの先頭へ