トップ > 暮らしの情報 > 健康 > 国民健康保険 > 高額医療費について

高額医療費について

医療費の自己負担が高額になったとき、限度額を超えた分が高額療養費として支給されます。
限度額は所得区分によって異なりますので、あらかじめ申請し「限度額適用認定証」または「限度額適用・標準負担額認定証」を医療機関に提示することで、限度額までの支払いとすることができます。

申請に必要なもの

  1. 国民健康保険被保険者証
  2. 世帯主の印鑑

※申請した月の1日から適用となります。
 前月からの適用はできませんので、申請の前月分が高額療養費に該当する方は、申請通知が届くのをお待ちください。(詳しくは、高額療養費の制度をご覧ください。)
※交付を受けたら、必ず医療機関等(病院や薬局等)の窓口に提示してください。
※保険税を滞納していると認定証を交付できない場合があります。

医療費の自己負担限度額

◆70歳未満の方の自己負担限度額(月額)


◆70歳以上の方の自己負担限度額(月額)


※過去12ヵ月で4回以上高額療養費に該当した場合の4回目以降の限度額
※70歳〜74歳で一般の方は、高齢受給者証を提示することで、ひとつの医療機関につき、
 自己負担限度額が適用されます。
※所得区分が低所得の方のみ、申請により「限度額適用・標準負担額減額認定証」を交付できます。
※一年間(8月〜翌7月)のうち、一般区分または住民税非課税区分であった月の外来の限度額は
 14万4千円となります。支給対象の方には申請書等を送付します。

○●お問い合わせ●○
町民生活課 国保担当
TEL 0556-22-7209

このページの先頭へ