トップ > 暮らしの情報 > 環境 > 水道(上水道・簡易水道・営農飲雑用水) > 水道管の凍結対策

水道管の凍結対策

気温が氷点下になると給水管や水道メーター、蛇口が凍って、水が出なくなったり破裂したりする水道の凍結事故が急に多くなります。寒さは水の大敵です。気象情報に注意して、低温注意報などが出たときには、特に凍結に気をつけましょう。


【水道管の凍結を防ぐには】

[特に凍結しやすい場所]
    ・ 家の北側などで日の当たらない場所の配管
    ・ 風当たりの強い場所の配管
    ・ 屋外や露出(むき出し)している配管 (給湯器に接続している配管など)
  

■水をチョロチョロ出しておく

  凍結予防の有効方法として就寝前にチョロチョロ水を出しておき、日中は止める。
                
  ※出した分の水については、料金がかかりますので出し過ぎにはご注意ください。

  ※お風呂浴槽などにためるようにして有効活用しましょう。


■断熱材による保温 

 屋外の蛇口やむき出しの水道管には、布切れや毛布、専用の保温材等を巻きつけ、濡れないように上からビニールテープを隙間なく巻いて保温してください。

■水抜き栓による凍結防止

 水抜き栓、不凍水栓柱をご使用の家庭では、お休み前や長期間留守にするときは水抜きをしてください。

■メーターボックス内の凍結防止

 メーターボックス内には、ビニール袋などに発砲スチロールや布切れなどを入れ内部の保温をし、ふたを閉じて防寒してください。
 メーター部分は検針できるようにしてください。


※それでも凍ってしまったら

 凍結した管や器具の外側を布で覆い、ぬるま湯をかけてゆっくりと解凍してください。急激に熱湯をかけると器具を破損させるので注意が必要です。
 凍結により既に水道管が破損した場合、解凍により漏水が発生します。ご利用の前に漏水の確認をしてください。



【お問い合わせ先】
 上下水道課(最勝寺26番地の3)
 電話 0556−22−7204

このページの先頭へ