トップ > 暮らしの情報 > 環境 > 下水道(公共下水道・集落排水) > 富士川町汚水処理施設構想(アクションプラン)

富士川町汚水処理施設整備構想(アクションプラン)の策定について

富士川町汚水処理施設整備構想(アクションプラン)の策定について

 汚水処理施設整備構想は、町民の生活環境の維持、改善や公共用水域の水質保全を目的とし、今後10年程度での汚水処理施設整備の概成を目指すため、汚水処理の未整備区域において、実施可能な整備手法を定め、それぞれの整備対象区域を明らかにするものです。
 この構想は、本町がそれぞれの汚水処理施設の有する特性、経済性等を総合的に勘案し、社会情勢の変化等に応じた効率的かつ適切な整備、運営管理手法を策定した上で、山梨県と連携して作成し、継続的な進捗管理並びに必要な見直しを行っていきます。

・富士川町汚水処理施設整備構想(アクションプラン)概要版PDFファイル(282KB)

・富士川町汚水処理施設整備構想(長期計画)PDFファイル(1090KB)

このページの先頭へ