トップ > 暮らしの情報 > 福祉 > 障害者 > オストメイト対応トイレを設置しました

オストメイト対応トイレを設置しました


 障害者が住み慣れた地域で安心して生活をおくるための環境づくりの一環として保健福祉支援センター(まほらの湯西側)の多目的トイレ内に、オストメイト対応トイレを新たに設置しました。

 施設に御用のある方だけでなく、外出先でお困りの方もご利用ください。

オストメイトとは

 大腸やぼうこうなど臓器に機能障害を負い、腹部に人工的に排泄のための孔(ストーマ)を造設した方々のことです。オストメイトの方は、ストーマにパウチと呼ばれる補助具(蓄便袋、蓄尿袋)を装着して、ある程度溜まったところでトイレに流すなどの方法で処理することになります。オストメイト対応トイレは、この処理を容易にするためのものです。

お問い合わせ先 福祉保健課障害福祉担当 電話22−7207

このページの先頭へ