富士川町観光協会
平林交流の里 みさき耕舎
増穂ふるさと自然塾
まほらの湯
朝市 よりみちマーケット

トップ > 観光案内 > 人・ギャラリー > 望月百合子記念館

望月百合子記念館

女性解放運動に尽力した信念と情熱の人――望月百合子

望月百合子記念館  展示品

望月百合子概略――――

1900年9月、東京に生まれる。
鰍沢町長知沢で望月家の養女として幼少の一時期を過ごす。
1919年、成女高等女学校卒業後、読売新聞婦人部記者を経て、1921年、フランスにわたりソルボンヌ大学に学ぶ。滞在中(アナトール・フランス「タイ−ス」)翻訳出版。
1925年帰国後、アナキストとして評論翻訳、月刊「ディナミック」の発刊、女人芸術への参加など幅広く活躍。
1930年、古川時雄と結婚。
1938〜1945年、夫と満州へ渡り、満州新聞記者、他方では女性教育に力を注ぐと共に女性解放運動に貢献、戦後1948年、中国より引揚げ、その後も著述、翻訳活動を続ける。
また、山梨県を中心に地域文化の発展にも活躍、アナキストの理想「真の自由と平和」の社会を求め続け、山梨県の文化活動にも大きく貢献され、特に県立文学館建設には多大なる功績を残された。1996年、鰍沢町名誉町民となる。

写真01  写真02  写真03

●●● DATA ●●●

<< 開館時間 >>

 午前8時30分から午後5時30分まで(土・日・祝日・年末年始は閉館)

<< 利用料金 >>

 無料

<< 問合せ先 >>

 富士川町教育文化会館(望月百合子記念館)
 TEL:0556-22-5361

このページの先頭へ