トップ > 町政情報 > 公共施設情報 > 民俗資料館

民俗資料館

 明治の始め、時の山梨県令藤村紫郎が奨励した西洋風建物で藤村式建築とよばれ、明治9年9月24日に舂米地区に落成しました。この校舎はバルコニーや二段手すり、最上層には六角形をした太鼓堂をもった当時としてはたいへんモダンな建物でした。 明治21年には、現在の増穂小学校体育館の位置に移築され、増穂尋常小学校の本館として活用され、西側と東側に新しく2棟の新校舎を配置、同年5月1日に両袖のある校舎が落成しました。
 大正10年に、新しい校舎の建築によりこれまであった両袖の校舎は撤去され、本館は以後45年余り役場として行政の中心的役割を果たすことになりました。昭和49年には、役場新庁舎の完成により現在の位置に移築され、新しく民俗資料館として生まれかわり、昭和50年3月17日に、県指定文化財となりました。現在は教科書、写真、証書、遊び道具などを展示する資料館となっています。白と緑のコントラストが美しい外観は、異国情緒のただようロマンチックなたたずまいを見せています。

◆開館日:毎週 日・水曜日 第2土曜日(年末年始は休館)

◆会館時間:AM9:00〜PM4:00(12〜1時は休み)

◆入場料:無料

民族資料館

〒400-0502 山梨県南巨摩郡富士川町最勝寺320番地

【お問い合わせ先】

富士川町教育委員会

〒400-0601 山梨県南巨摩郡富士川町鰍沢1639番地1
TEL:0556-22-5361  FAX:0556-22-5392

このページの先頭へ