トップ > 町政情報 > 公共施設情報 > 増穂ふれあいの郷

増穂ふれあいの郷

〜いきいきと安心して暮らすために〜

 町では、子どもからお年寄りまで町のみなさんが健康に安心して暮らせるため、行政と地域社会が一体となって福祉の町づくりに取り組んでいます。

 平成元年に策定した「福祉エリア構想」にもとづいて基盤整備を進め、平成11年に保健・医療・福祉が一体となったサービスが提供できる環境が整備され、「高齢者保健福祉支援センター」、「地域健康福祉センター」、「高齢者健康増進施設 まほらの湯」の各拠点施設の総称として「ふれあいの郷」が完成しました。

 これらの施設が相互に連携を取りながら、住民ニーズにそった総合的かつ効率的な保健事業・医療事業・福祉事業を推進していきます。

施設紹介

●高齢者保健福祉支援センター

 年々増加する健康や福祉に対する要望や少子高齢社会に応え、保健・医療・福祉のより一層のサービスの充実を図るための拠点施設です。
 施設内には、町の福祉保健課(健康増進係・介護保険係・在宅福祉係)のほか、通所介護事業所(デイサービス)・生活支援ハウス(居住提供)・在宅介護支援センター・国民健康保健診療所(休診中)があります。
 また、平成18年4月から、高齢者や家族の生活支援や介護予防など様々な相談に対し、関係機関と連携し福祉サービスにつなげる総合相談窓口として地域包括支援センターが開設されます。


●地域健康福祉センター

 近年、少子高齢社会により高齢者世帯や独居老人が年々増加しているため、高齢者が安心して暮らせるように支援や援助を行うための拠点施設です。
 施設内には、増穂町社会福祉協議会事務局があり、町と連携した在宅福祉事業、介護保険事業を展開しています。
 主な事業として温泉を利用したデイサービス事業のほか、毎日型配食サービス、ボランティア事業(災害ボランティアを含む)等町民福祉を積極的に展開し、誰でも参加できる地域福祉活動への参画を推進しています。


●まほらの湯

 「まほら」は「まほらま」とも「まほろば」ともいい、万葉集にも謳われた言葉で「すばらしい場所」「すぐれた立派な場所」という意味です。
 「まほらの湯」はその名のとおり心身ともにゆったりと憩える場所として、8種類の湯、大広間、和室(個室 2室)、リラクゼーションルームがあり充実した設備でみなさまをお迎えし、ゆったりとお楽しみいただける温泉であるとともに、温泉入浴指導、健康相談などを実施しており、健康増進の場所としても活用しています。
 また、平成18年4月より指定管理者制度を導入し、民間の事業所へ運営を委託します。この制度により、より一層のサービスを提供してまいりますので、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

◆浴室
 レンガ風呂・岩風呂(週毎に男女の入れ替えを行っております)

◆湯の種類
 ●大浴場  ●寝湯    ●気泡湯   ●源泉微温湯
 ●水風呂  ●掛け湯   ●サウナ   ●露天風呂

◆泉質
 ナトリウム−塩化物炭酸水素塩泉(低張性弱アルカリ性温泉)

◆浴用の適応症
 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、
 慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、慢性皮膚病、 他

まほらの湯 料金表

◆開館時間
 午前10時から午後10時まで(受付は、閉館の30分前まで)

◆休館日
 毎週火曜日(祝日の場合はその翌日) 年末年始(12月31日〜1月1日)

◆まほらの湯
  〒400-0505 山梨県南巨摩郡富士川町長澤1757番地2
  TEL:0556-22-7227  FAX:0556-22-7226

このページの先頭へ