トップ > 防災・防犯ガイド > 防災・防犯 > 火災発生に伴う注意喚起について

火災発生に伴う注意喚起について

富士川町では、今年に入り火災が多発しております。火の取り扱いには、十分気をつけてくださいますようお願いします。

【火の用心 7つのポイント】
(1) 家の周りに燃えやすいものを置かない
(2) 寝たばこや、たばこの投げ捨てをしない
(3) 天ぷらを揚げるときは、その場を離れない
(4) 風の強いときには、たき火はしない
(5) 子どもには、マッチやライターで遊ばせない
(6) 電気器具は正しく使い、たこ足配線はしない
(7) ストーブには燃えやすいものを近づけない

 どんなに小さな火災でもすぐに119番に通報してください。通報のポイントは「あわてず、早く、正確に」です。落ち着いて場所を伝え、消防署の職員が了解してから電話を切ってください。また「火事だ!」と大声で近所に知らせ、協力を求めましょう。

【初期消火の心構え】
 119番通報から消防車が到着するまでの数分間は、初期消火に努めましょう。建物火災のほとんどは、この初期消火でボヤのうちに消し止められます。しかし、煙が増えてきたら無理をしないで逃げてください。煙を吸い込まないように濡れタオルで口や鼻を押さえ、姿勢を低くして建物の外に避難しましょう。

このページの先頭へ